メニュー

かえで便り

クリニックからのお知らせや、現在流行している病気について、ホームケアの方法など、その時々の情報を載せております。
院内の掲示板でもご覧いただけます。毎月更新しますので、是非目を通してみてください。

2022.11 第75号(2022.11.17更新)

今月、開催された小児感染症学会から、新型コロナウイルス感染症に関する最新情報をお伝えします。

1,感染経路
 オミクロン株となり、感染経路不明の症例が増加した。オミクロン株以前は(デルタ株など)、家族内(特に親→子)の感染が70%だったが、オミクロン株になり家族内感染は5割弱となっている。子どもの3割弱がコロナに罹患済となっており、コロナは子どもの風邪の位置づけになっている。
2,症状
 オミクロン株は、子どもでは、発熱80%、熱性けいれん10%、喉の痛み60%、悪心・嘔吐15%と、以前の株より増加している。又、入院する例の半数は基礎疾患がなく、入院例のうち、乳幼児+小学生の7割が中等症~重症例で、そのうち3分の1が脳症、気管支炎~肺炎。酸素投与が必要となる例が3分の2あり。集中治療室に入室した例の70%はワクチン未接種。2022年7月~感染者数の増加に伴い、小児の死亡数も増加し、約半数が5歳未満、9割が12歳未満。子どもの死亡例の半数は基礎疾患なしで、死因の5割が心筋炎、不整脈、急性脳症。発症してから死亡まで、平均4日で、元気な子が突然悪化することもあり。死亡例の93%がワクチン未接種。致死率は、0~9歳ではインフルエンザよりは低く、10~29歳ではインフルエンザと同程度(2022年4月までのデータ)。
3,ワクチン・5~11歳用ワクチン:抗原量は大人用のワクチンの3分の1ゆえ、発熱などの副作用の頻度は少なくなっている。しかし、発症予防効果は90%と高い。成人男性での重

篤な副作用として有名になった心筋炎の頻度は、男子でもまれ。
・6か月~4歳用ワクチン:発症予防効果は73%。接種後の発熱は5~7%で、接種していない子どもの発熱率と同程度(子どもは風邪などでよく発熱するので)。

 

以上より+また最近、感染者数が増えていることをふまえ、私の意見として、、、
第8波のピークを少しでも抑えるために、大人も子どももワクチンを早めに接種して欲しいです。オミクロン株となっても、未だにインフルエンザよりは重症化率は低く、ほとんどのお子さんがのど風邪で終わります。しかし、今後、さらに感染者数が増えると、重症化する患者さんの数も必然的に増えます。重症化しないためにも、予防効果が高く(インフルエンザワクチンより効果あり!)、子どもでは副作用の少ないワクチンゆえ、お勧めします。そして、それより大切なのは大人も3回目、4回目接種をすることです!流行の初めの今は、やはり親から子どもへの感染が多いです。また、子どもは最初高熱で、ぐったりしても2~3日でけろっとすることが多いですが、大人の方は、だらだらと激しい喉の痛みや咳が続いたりするケースが多く、後遺症もあります。2回接種ではもう、不充分な印象です。コロナワクチンが無料で接種できるのは年内中で、来年からはお金がかかる見込みと政府が発表しています。with コロナの継続=皆の生活(特に子どもの生活!)が制限されないように、皆さん、よろしくお願いします。日本小児科学会HP、参照してください。

~感染症情報~ 地域で流行している感染症をお知らせします 

〇新型コロナ

全年齢でまた徐々に、増加しています。

〇RSウイルス感染症

夏から流行が続いていましたが、まだ少しみられます。普段、胸の音がぜーぜーしないお子さんもぜーぜーがひどくなります。

〇ウイルス性胃腸炎

ロタ、ノロウイルス以外のウイルスによるもののようです。

〇アデノウイルス感染症

のどが赤くなると高熱が続くこともありますが、のどは赤くならず、ひどい目やに、眼の充血のみの場合もあり(いわゆるはやり目)、その場合は熱はでません。
※インフルエンザはまだ流行していません。

~ぷちぷち育児相談会のお知らせ 看護師より~ 参加者募集中!!

スキンケアについてお話しする相談会を開催します。
赤ちゃんも乾燥ってするの?保湿剤塗ってるけど、あまりよくなってる気がしない…。今やってるスキンケアで大丈夫なのかな?などスキンケアについてご興味がある方は是非お気軽に来てみてください♪洗い方や保湿剤の塗り方などを看護師がお話します!
 もちろんおともだちを誘っての参加もOK!当院が、かかりつけでなくても大丈夫です!
 *最後に質問時間を設けますので、スキンケア以外でもどんな小さなことでも構いませんのでご相談ください。(予防接種のスケジュールは?受診するタイミングは?離乳食はいつから始めるの?など何でもどうぞ!)

日時:2022年11月24日(木)14:10~15:10
場所:かえでこどもクリニック 待合室
対象:年齢問わず興味のある方
   もちろん、お子様連れや授乳しながらの参加も可能です!
人数:6組
持ち物:普段使いの保湿剤(持っている方)
ご予約方法:直接クリニック受付窓口、またはお電話にてご予約ください。

先着順とさせていただきます。
☎0422-39-3306 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME