メニュー

2020.9第54号

[2020.09.17]

 なかなか涼しくならない今日この頃ですが、皆さん夏バテしていませんか?私は泳ぐのが好きなので、夏は基本的に大好きなのですが今年は充分できず、そして、さすがに、だらRunも暑すぎてお休みしていました。先週から、だらRunを再開したら、前と同じように走れない( ;∀;)!体力低下を実感しています。
 子ども達はどうでしょうか?先日、学校健診に行きました。そこで、子ども達がなんとなく元気がないのかなと感じました。学校生活のほとんどの場面で、マスクをしなければいけないし、大声を出してはいけないし…。文科省の指針ではまだそのように書いてあるし、先生方も感染者を出さないように日々ご努力されているので何ともいえないのですが…。でも、そろそろ、活動制限を解除していってもいいのではと思います。大人の世界では、感染がやや落ち着く兆しがあることで制限が徐々に解除されているのに、そして、小児の重症化のリスクは大人より低いことがわかってきているのに、なんで後回しなのでしょう?目に見える経済活動ばかりでなく、国は子ども達のことも真剣に考えてほしい。社会活動の制限を解除していくのなら、それと連動して、学校での活動制限の解除も具体的に指示して欲しいです。例えば、暑い時は登下校時、マスクを外すのはよし、とか、一部の国では、地域の感染状況により、そのような具体的な指示を出しているようです(そうしたら、マスク警察から学校に苦情も来ないかと!)。最近の繁華街の混雑ぶりを見ると、学校での厳しい制限に意味があるのか?と思ってしまいます。 
 そうこう言っても、すぐには変わらない今の生活。秋の味覚を楽しんで、しっかりご飯を食べて、冬に向けて体力をつけておきましょう(今日、レアな?サンマをゲットしました♪)。

 

~お陰様で開院5年目となりました~

これからも、スタッフ一同、小児診療について、日々、研鑽を積み、子ども達の未来に貢献できるよう、頑張っていきますので、よろしくお願いします。
 

 

~お兄さんお姉さんにおすすめするワクチン~看護師より

B型肝炎ワクチン

B型肝炎はB型肝炎ウイルスが原因の肝炎の一つで、重症化すると一部は、肝硬変、肝臓がんを発症することがあります。血液や唾液・汗・涙などの体液を介して感染します。
最近では1歳未満の赤ちゃんに公費接種となっているワクチンですが、全ての年齢の人に推奨されるワクチンで、学校での集団感染ではもちろん、相手の選手と肉体的接触があるコンタクトスポーツ(サッカー、レスリング、柔道、 空手、ハンドボール、ボクシング、バスケットボール、水球、ラグビーなど)での感染の可能性もあります。1歳以上は任意接種(実費)になります。

三種混合ワクチン

 百日咳とは、咳などの症状が数か月にわたって長引く病気です。感染力がとても強く、百日咳にかかった患者がワクチン未接種の同居家族に感染させる可能性は80~90%と高いです。成人が百日咳にかかっても重症化することはありませんが、1歳未満の乳児が百日咳にかかると、呼吸器不全に陥り呼吸停止など命に関わることがあり、大変危険です。

生後3か月から7歳半までに四種混合ワクチン(百日せき・ジフテリア・破傷風・不活化ポリオ)として公費接種をしていますが、四種混合ワクチンを最後に接種してからの予防効果は4~10年程度で減弱してしまいます。

百日咳に対する免疫を維持するために、就学前(5~6歳;年長児)の時と、
11-12歳の定期接種二種混合ワクチン)の代わりに、三種混合ワクチンの任意接種(実費)をお勧めしています。
 ※申し訳ありませんが、現在、ワクチンが不足しており、接種希望の方はしばらくお待ちください。

子宮頸がんワクチン

子宮頸がんは子宮の入口部分(頸部)にできるがんで、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が持続した場合、がんになってしまうことがあり、最近、日本では若い女性に増加傾向がみられ、乳がんより多くなっています。諸外国ではワクチン接種により少ない状態が続いています。

数年前にワクチンとの因果関係を否定できない有害事象が報告されたことから、国は積極的に勧めていませんが、複数の調査結果から因果関係はないという結果がでていることより、接種をお勧めしています。

小学校6年生~高校1年生の女性は公費で接種が可能ですが、現在、ワクチンの問診票は市から自動的に配布されていません。ご希望の方は市の健康推進課に問い合わせ、問診票をお取り寄せいただき、当院にお電話ください。その後、ワクチンを注文いたします。

 

※いずれのワクチンについても、もっと詳しく知りたい方は資料がありますのでお申し付けください。また「knowVPD」というサイトもお勧めです。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME