メニュー

2020.6第52号〈新型コロナウイルス特集Part4〉

[2020.06.11]

新型コロナウイルス感染症について Part 4 

緊急事態宣言が解除され、ようやく学校、園に行ける日が増える!と思っていた矢先、感染者がまた増加しています。宣言解除後、皆の活動域が広がっているので、さらに感染者数が増える可能性があります。このような事態は、ある程度予測されていたことで、休業したお店もさすがに再開しなければやっていけないですし、大人も子どもも外出自粛によるストレスがたまっていたので、またすぐに最初の厳しい外出制限を行う必要はないと思います。しかし、「コロナ前」と全く同じ生活をするのはまだ無理です。感染爆発にならないように、引き続き、下記のことを行っていく必要があります。そうでないと、また厳しい外出制限の要請が出てしまいます。ほとんどの子どもは感染しても大人より軽症で済みます。また、これまでの報告ではインフルエンザのように子どもの発熱者が増えて、学校内で流行がどんどん拡大することはありません。北九州市のケースでも、親→子どもが微熱でPCR検査陽性、同じクラスの子は症状はないものの、濃厚接触者として検査を受け、陽性となり、一時休校となってしまいました。また、地域で大人の感染者が増えると、地域ごとの休校措置がまたとられてしまう可能性もあります。せっかく登校、登園し始めた、公園で遊べるようになった子ども達のことを考えて、大人もまだちょっと我慢していきましょう。

<引き続き、行っていきましょう> 耳タコですが、とっても大切!
ポイントは感染しないこと(ウイルスを体に入れない)、感染してもウイルスに負けない免疫力を持っていること(ウイルスが体に入ってもやっつけられる)です。

1、三つのを避けましょう

 3密とは、「換気の悪い閉空間」「大勢がいる集場所」「間近で会話する接場面」です。コロナウイルスは、感染している人の咳や会話により生じる「しぶき」を吸ったり(飛沫感染)、ウイルスが含まれた痰、鼻水、唾液などを触った手で口、鼻、目を触って(接触感染)、感染します。3密はこのようなことが起きやすい場面、場所です。色々なお店、施設が開き始めていますが、できるだけ、この三つが重なる所には行かないように、行くとしても短時間にしておきましょう。
 お子さん連れでの3密あるあるの避けたい場面として、
 ①窓がなく、換気が悪く、混んでいるお店に長時間。
 ②たくさんのお友達との屋内での食事会
まずは学校、園での生活を最優先とし、他の場面での接触機会は少なめにしておきましょう。また、これまでの報告で、子どもの多くは最初は、家庭内で親から感染しています。まずは、大人が感染しないように、大人だけで出かける時も3密を避けることがとても大切になります!

2、帰ってきたら手洗いをしましょう

 とにかく、外から帰ってきたら手洗いをしましょう。お店に置いてあるアルコール消毒だけで満足しないことが大切です。

3、免疫力をつけておきましょう

 外出自粛によって体力が落ちたり、生活リズムが乱れてしまった人は、ウイルスに打ち勝つ免疫力をつけておくために、少しずつ元にもどしていきましょう。公園、散歩は上記の3密にはあてはまりません。大丈夫、行きましょう。暑いのでマスクを外していいので、適度な運動を。外に行くのにマスクをしなきゃいけない→でも暑いからマスクできないから、感染してしまうのが恐くて外出しない、というのはよくありません。ウイルスは屋外でずっと漂っているわけではありません。屋外は換気がガンガンされている場所と考えてください。ウイルスがあったとしてもすぐに飛んでいってしまうので、大丈夫です。

~お勧めの絵本   スタッフお勧めの絵本です♪

本棚の上に「小児科医が見つけたえほん エホン 絵本」を置きましたのでご覧ください。

はじめてのおつかい           筒井 頼子 作/林 明子 絵        

みいちゃんはママに頼まれて牛乳を買いに出かけます。自転車にベルを鳴らされてどきんとしたり、坂道で転んでしまったり、ひとりで歩く道は緊張の連続です。坂をあがると、お店につきました。お店にはだれもいません。みいちゃんは深呼吸をして、「ぎゅうにゅうください」と言いました。でも、小さな声しかでません。お店の人は、小さいみいちゃんには気がつかないみたい……。小さな女の子の心の動きを鮮やかに描いた絵本です。

 

はなのあなのはなし           やぎゅう げんいちろう 作

 さあ、あつこちゃんも、おじいちゃんも、動物園のゾウさんもイルカ君も、上を向いて鼻の穴を見せて! 鼻の穴はいろんな形や大きさがある。鼻をほじったり、何か入れてみたらどうだろう…。ユーモラスな絵と文で、鼻の役目を絵ときします。こどもってなぜか鼻の穴が大好きですよね。大人も思わず一緒に笑ってしまいます。”はなのあな”の働きについても詳しく知ることができます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME