メニュー

2021.4第61号

[2021.04.15]

 起立性調節障害(OD)について

 新学期が始まりました。新しい環境に慣れようと頑張っている子ども達が多いと思います。特に、集団生活の環境が大きく変わる、入園、入学の場合は、なおさらだと思います。徐々に、環境に体も、心も慣れて、うまく自分のペースをつかんでいけるといいのですが、特に小学校高学年~高校生のお子さんが、この時期に体調を崩してしまうことの原因の一つとして多いのが、起立性調節障害です。
 起立性調節障害とは、自律神経の働きが悪くなり、ぐんぐん大きくなっている体全体に血流が行き届きにくくなり、朝起きれない、立ちくらみ、頭痛、腹痛、食欲不振などの症状が起きる状態です。なりやすい遺伝的体質があり、お父さん、お母さんも昔そういえば、そんなことがあったという例が多いです。また、精神的ストレスも大きく影響し、今のような新しい環境に慣れなければいけない時や、学校行事の前などに悪化することが多いです。特に午前中は、血圧が低めなので、症状が強く出ることが多く、登校するのがつらくなります。そうなると、不登校になってしまうことも。体が慣れてくればじきに良くなるのですが、良くなるには数か月~数年かかります。疲れてだらだらしているように見えるので、周りから、怠け病?と誤解されてしまうこともあり、余計、つらくなります。最近は、昔より多くなっていて、現代の夜型社会やストレスの増加が関与しているといわれています。
 診断方法は、血液検査、心電図検査にて他の病気がないかを確認し、寝たり立ったりして血圧・脈拍の変化をみる検査(ODテスト)をして、診断します。治療法としては、まずは規則正しい生活です。朝起きるのがつらいのですが、朝の光を入れて起きるように、そして少しでも朝ご飯を食べるようにしましょう。だるくても日中は横にならないように、毎日、散歩でもいいので無理せず、体を動かすように心がけます。そのようなことをしても、改善せず、症状が強い時は、血圧をコントロールする薬などを試したりします。
 ODテストをご希望の場合には、検査に時間がかかりますので、予約を取る前にお電話いただけると助かります。

  

~感染症情報~  地域で流行している感染症をお伝えします

〇溶連菌感染症

 引き続き、まだ小流行が続いています。嘔吐や発疹で始まる方もいます。

 

~4月から年長さんになったお子さまへ
(平成27年(2015年)4月2日~平成28年(2016年)4月1日生まれのお子さま)予防接種のお勧め  看護部より~

 保育園・幼稚園で過ごす最後の1年がはじまりましたね!今年は小学生になるために色々と準備があると思います。その中のひとつの準備として、
麻しん・風しん混合(MR)ワクチン第2期の接種をお忘れなく♪
お誕生日を迎える前でも接種できますので、必ず年長さんの間に接種するようにお願いします!4月になって市から予診票が届いたと思います。
“まだいいや~”と後回しにせず、「小学生になるための準備だよ」とお子さまにお伝えして早めに接種しにきてくださいね(^^♪
(昼の予防接種の時間は予防接種で来院の方のみ、午前・午後に予防接種で来院時は、待合室も診察室も一般診療とは分けているので、安心してご来院ください。)
 予診票がお手元にない方や、令和2年度に新型コロナウィルスの影響で予防接種の対象年齢をすぎてしまった方は、接種期間を延長する措置を実施している自治体もあります(三鷹市は行っています)。お住いの市、区にお問い合わせください。
 また、他の年齢の方も
*次は何を接種したらいいかわからない
*やり忘れている予防注射はない?
など、気になることがあればいつでも気軽に声をかけてください♪

 

 

ブログカレンダー

2021年9月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

HOME

ブログカレンダー

2021年9月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME